i-proworkの特徴とメリット・デメリット