「キャリアコンサルタント」とい肩書きに騙されないように!

キャリアコンサルタント

よしみです。

平成27年9月11日に「勤労青少年福祉法等の一部を改正する法律案」が衆議院本会議で可決され、成立いたしました。それに伴い「キャリアコンサルタント」という名称が有資格者でないと名乗れないスーパーな名称へ繰り上げされます。逆に考えれば今まではどんな人でもキャリアコンサルタントを名乗れて人の人生をほいほいあっちいってくださーい。こっちいってくださーいなんてやっていたわけです。

もちろん資格はありますが、めちゃくちゃ費用がかかるのです。

  • 日本キャリア開発協会(JCDA)
  • キャリアカウンセリング協会

などでも認定資格があり、今回の法令の一定水準を満たしているならばそのまま「キャリアコンサルタント」を名乗れるようですね。大手の人材紹介会社やヘッドハンティング会社では見かける肩書きです。

人材紹介会社のキャリアコンサルタントってどうなるの?

名称が名乗れないだけですので、大したことではないでしょう。しかし、肩書きを重視する会社にとっては甚大な被害でしょうな。ワークポートは昔からコンシェルジュを使っており、リクルートキャリアではエージェントと名乗っております。ブレがないですね。

いろと肩書きを試行錯誤されるのでしょうね。
ビズリーチ編集部によると、「キャリアアドバイザー」もだめだとか・・・

国家資格の背景

簡単に申し上げますと

  • 環境作り(人間関係等)への貢献
  • 労働者人口を増やしたい
  • 長く働けるキャリアの見直し

が挙げられます。

小さいことかもしれませんけど、人材紹介会社への参入障壁は非常に低いのです。ちょっとしたまとまったお金と部屋があれば人材紹介事業を運営できるのです。

で、人は働かなくては生きていけません。しかし、転職したいという人口は変わらず多くおり、それを見つけるだけですので、原価はかからないのです。広告費はかかりますけど。ですので、お金にしやすいのです。

結果、雇用は人材紹介会社の力で増えているのかもしれませんが、より良いマッチングになっているのかといいますとそれは別物なのです。売上は人材を転職・入職させたら発生するので、コンサルタントは転職・入職させたいのです。もちろん「転職が成功だった!」と判断する人もいらっしゃいますが、結局は他人が紹介してくれた企業ですので「覚悟」が弱いのです。それが再転職につながってしまうわけです。

その他・まとめ

「キャリアコンサルタント」を独占業務という形にしないと根本的なより良いマッチングは行われないのでは?というのが僕の考えです。

こういった資格をプロフィールに書かれている方も大勢見てきましたが、そのキャリアコンサルタント系の資格をお持ちの方にお願いしたから転職後年収があがるのか?といいますとそれは別物ですしね。

結局は求人票の年収範囲内でしかでないので、極論、キャリアコンサルタントにお願いしなくとも正社員であれば、(年齢とスキルによりますが)エンジニアは引っ張りだこですので転職可能であるといえます。しかし、エンジニアは仕事が忙しい・・・(僕はGWに3徹した経験があります、マジ地獄だった)そういった時に人材紹介会社を利用するのは良い判断だと思います。

年収の交渉がしたい、入社時期を交渉したい、面接で毎度のように失敗してしまうというかたは人材紹介会社を利用しましょう。その方が時間を無駄を軽減できますよ。

正社員の求人さいとであれば

の3サイトのいずれかで十分です。数多く登録してもスカウトメールがウザいくらいきますので・・・

ご参考までに・・・

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。