フリーランスが上手に企業からしっかりお仕事を獲得する方法のイロハ

企業との付き合い

フリーランスも企業の人事スケジュールや傾向を把握しておくとそれに合わせて仕事の調整が可能ですのでぜひチェックしてみてください。特に人日で仕事を受注している場合は「企業休み」「プロジェクトの休み」は収入にダイレクトに影響します。

案件が多くなるのは4月、10月後半

なぜ、この時期に多くなるのかといいますと
4月、10月は入社時期・異動時期に重なるので、新しいプロジェクトを動かすというより企画の詰めや決済に追われる時期もあり実際に企業人が動き出せるのが後半であるという感じです。そこに合わせてエンジニアをジョインさせてきますので、フリーランスとしては逆算して仕事をチェックしてほしいのです。そうしますと遅くとも求人サイト上では2月、3月上旬にエントリーを済ませておく必要があります。

なぜなら、初めてのフリーランス案件を求人企業からえるにはコンサルタントとの面談があり、そのあと企業担当者との面談があるからです。正社員の採用面接とまではいきませんが、やはり「人」ですので、人物をみたかったり話が合うかなどの簡単なチェックが入るのです。

また、冬のボーナスがでるタイミングか転職活動をはじめる人が多いのでその穴を埋めるために、求人案件がでてきます。そう考えますとフリーランスもプロジェクトごとではありますがこのボーナス時期を上手に狙うと良いという事です。

ただし注意が必要で、必ずしも案件が出てくるとは限らないです。レバテックフリーランスなどの人材紹介会社は調査はめちゃくちゃ早いので、登録して専任コンサルタント(エージェント)をつけてしまうと後々便利です。

レバテックフリーランス

企業イベントの重要性

企業イベントといえば「飲み会」「忘年会」「新年会」があります。可能であればどんどん参加していきましょう!そうする事で「仕事以外の関係性」が構築でき、些細な事でも相談されるようになります。ちりも積もればなんとやらで、その積み重ねが「離す事のできない存在」になるのです。

サラリーマンは飲み会もお仕事ですよね・・・営業の方が会社経費の時と自腹時の表情が結構違うのでチェックしてみてください。フリーランスで企業常駐という場合も結構誘われるかと思います。お仕事、お仕事・・・と思い淡々とこなしましょう。

ということで、社内外問わずイベントは積極的に参加していきましょう!

プロとしてアドバイスも忘れずに

開発だけでなくスケジュールのアドバイスもできると信頼があがります。もちろん担当者によっては「こいつ、ここまでちょっかい出してきやがって」となる方もいるかと思いますが、僕の思う限りかなり古い対応の方です。今では、生産効率を上げるため、経費削減のために動ける人間が大勢いらっしゃいますので、どんどん意見をいう事もプロフェッショナルとして求められるスキルになります。

意見をいうメリットとしてはやはり「自分の意見を通せたときは開発がしやすくなる」です。自分のフィールドへ持っていく事ができますので、当たり前といえば当たり前ですが・・・企業としても、信頼以外にも、「意見を飲んでやった」という考えがあるので突っ込みやすくもなります。ここは注意ですね。

顧客を増やして情報収集

1社だけの受注ですと心もとないのが、アウトソーシング業でありフリーランス業です。どんなに忙しくとも1社依存は絶対にしてはいけません。フリーランス専門の仕事斡旋サイト(レバテックフリーランスギークスジョブ)を有効活用してリスクヘッジはしましょう。企業は経費削減をする場合は切りやすい部分から切っていきます。「広告費」「外注費」が該当します。そのためにも、複数の顧客を持つようにします。

また、複数の顧客を持つメリットとしては「さまざまな情報が入ってくる」です。業界が変われば情報も変わります。しかし、開発に関しては動くか動かないかの世界ですので、そこまで気にしなくとも大丈夫です。プロジェクトインするときにphpでなくruby必須とかであれば考えものですが、基本言語を一つマスターしておけばどんな顧客でも対応可能です。

情報収集の話に戻りますが、その業界がどんな流れなのかも知る事ができ、他の企業でも生かせる情報はたくさんありますので、色々経験されるとよいと思います。

その他・まとめ

ポイント当然といえば当然の事なのかもしれませんが、以外にできない事でもあります。少し営業チックな感じですからね。今、フリーランスになろうとしている方は開発だけできれば良い時代でもなくなってきているのを感じてください。エンジニアは数多の数いるので、最終的には「話しやすさ」「開発コスト」「費用以上のメリット」で決まってきます。

人材紹介も一緒なのですが、所詮「人対人」です。初めてフリーランスになる人・検討している人。これからもっとお仕事を獲得していきたい人はこの辺りを考えてみると良いかと思います。お仕事の斡旋をしている企業でリスクヘッジをしておくと安心であることは間違いないです。企業の担当が変わる・経営者が変わるで方針も変わりますので、いろいろ武器は持っておきましょうね!

まだ、転職とフリーランスで悩んでいるのであれば、いい企業を見つけて転職するのもありですよ。僕は社畜になりたくないので転職するのであれば転職コンサルタントに全部やらせますけどね!

今は複業をガッツリ認めている企業の多くなってきているので、とりあえず仕事を探してみる一歩として求人サイトを覗いてもいいかもしれないですね。

でもチェックしてみて、考えてみてはいかが??

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。