フリーランスの『チームランサー』という新しい働き方

チームランサー

IT業界で働いている方なら一度は憧れる『フリーランサー』という働き方。数年前からノマドやクラウドソーシングというキーワード、IT時代に突入するようになり俄然活気がついているキーワードです。

今、『フリーランサー』ではなく、『チームランサー』という働き方が注目されているんです。

まず、フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、単発の仕事として様々な仕事はするものの、
その仕事を引き受ける都度契約を結ぶという形態をとる個人事業主もしくは個人企業法人です。

一方のチームランサーは、フリーランサーの個人ではなく複数人(チーム)版。
チームで案件を解決していき、終了すればまたバラバラとなり、それぞれがまた違う案件を別のチームに所属し解決する…を繰り返します。
そもそも、フリーランスはフリーランサー本人の営業力や高い能力、豊富な人脈があればあるほど、収入を得られますが、そうではない場合安定した収入を確保できない不安定な働き方ともいわれています。

チームランサーは、

  • 会社に所属せずに気楽に働きたいけど、一人じゃ不安。
  • 会社に縛られず働きたいけど、チームで問題解決に取り組みたい
  • フリーランスとして働きたいけど、まずは人脈を作りたい

という方にオススメな働き方です。

チームランサーのメリット

メリットはしっかり後述しますが、デメリットを先にご紹介しちゃいましょう。それは、顔が見えないで開発することもあるのでコミュニケーション能力が求められるです。プロジェクト単位で動くことが多いので、サービス(企画)を理解し、ゴールを一気に共有し開発し仕上げるにはやはりコミュニケーション能力が必要なのです。
ということでメリットをご紹介しましょう。

1.自分の得意分野・やりたい分野の案件を選べる

会社に所属していると、上司や会社側に仕事を割り振れられてしまうこともありますが、
チームランサーなら自分のやりたい案件を選んで仕事をすることができます。様々な案件を受注することでスキルアップも可能です。

2.オフィスがないのでいろんなところに行ける

実は欧米ではチームランサーとしての働き方が広がっており、オフィス版airbnb(昼間の空いている場所をオフィスとして利用するためのサービス)とも呼べる英国発「Vrumi」や米国発「breather」などワークスペースを提供するサイトも人気で、多様なテイストのインテリアに囲まれて働くこともできますし、バックパックをしながら働くこともできます。

3.人脈を広げることができる

フリーランサーとして働きたいという方は、まずチームランサーに挑戦するのもありかもしれません。
企業に所属せず働くとはどんなものなのかを実際に体験することもできますし、チームランサーはフリーランサーから転身した人も多くいるので話を聞くこともできますし、クライアントとの人脈も広げられます。

4.頑張りやスキル次第で収入を増やせる

実力がある人がフリーに転身するのは、そのほうが稼げるからです。高度な技術を要する案件なら、その分報酬も上がります。腕に自信がある方は、会社に属している時より稼げるかも?!

その他・まとめ

チームランサーという働き方を世に知らしめたのは、『ポップアップエージェンシー』という6人組のチームです。
世界を駆けまわりながら、2日すなわち48時間で問題を解決するIT集団で、これまでにもFacebookやコカコーラなどの有名企業の案件を請け負ってきています。

働き方の多様化に伴い、生まれたこの『チームランサー』としての働き方。

まだ日本では馴染みがありませんが、これから日本にも『チームランサー』の波がやってくるかもしれません。

日本ではランサーズが初らしい・・・

日本でのクラウドソーシングといえば「ランサーズ」と「クラウドワークス」が有名だと思います。ライティング案件が非常に多いですが、エンジニア向けの開発案件もしっかりありますよね。そんななか、ランサーズからマイチーム機能があります。

lanlan

ランサー同士でチームをつくる。まさにチームランサーです。しかし、注意が必要で、手当り次第にメンバーを増やしてチームを作成してしまうとコミュニケーション不足でプロジェクトが破綻する可能性もあります。『ポップアップエージェンシー』はコミュニケーションスキルの高さもあって成立すると僕は考えております。

ですので、コミュニケーションスキルに自信がある方はぜひこのチームランサー的な働き方で仕事の幅を広げてみると人生が豊かになるかもしれませんよ。

今は複業をガッツリ認めている企業の多くなってきているので、とりあえず仕事を探してみる一歩として求人サイトを覗いてもいいかもしれないですね。

でもチェックしてみて、考えてみてはいかが??

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。