フリーランスエンジニアになっての確定申告で気をつけるべき事と順序

確定申告

はるかです。

フリーランスエンジニアになり仕事も楽しくなってきて、様々なことがある中で、どうしても行わなくてはいけない作業のひとつに確定申告があります。

なんとなく年が明けたら準備したらいいかなと思っている方、慌てないためにも、日々心がけておくだけで、確定申告の悩みが解消されていきます。ついつい面倒なことは後回しにしてしまうのですが、まずは、出来ることから意識してチャレンジしてみませんか?フリーランスエンジニアになって確定申告で気をつけるべき事と順序をご紹介します。

確定申告はいつまでに何を用意する?

フリーランスエンジニアの個人の確定申告は、毎年1月1日〜12月31日までの1年分の収入や経費をまとめて、翌年の3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに確定申告と納税を行うものです。

まずは、1月1日〜12月31日までの、収入や経費をまとめていくひつようがあります。毎日、コツコツ帳面を付けることで、その確定申告もとてもスムーズになることを意識していきましょう。

用意するものは、

青色申告の場合

  • 仕訳日記帳
  • 総勘定元帳
  • 固定資産台帳
  • 現金出納帳

などあり、結構大変な数の書類を準備しなくてはいけません。

白色申告の場合で事業所得が300万円を超える人は帳簿の記帳義務が発生します。逆にいえばこれだけです。お小遣い長と同じレベルです。

会計のソフトでも、帳面を手書きで行うも、帳簿をつけるという習慣を持つことで、必要な書類も安心して準備できます。

確定申告の必要書類の次なるステップ

日々の会計処理の中で、最終的な目的は、決算を行うことで所得を確定することになります。フリーランスエンジニアの人で、青色申告の承認を税務署へ受けている人は青色申告の決算書を、そうでない場合は白色申告の収支報告書を作成します。会計ソフトなどでは、税務署の様式まで作成できるようなものも出ているため、ご自分に合うソフトを利用するのもよいでしょう。

フリーランスエンジニアの場合でも、収入=所得ではありませんので、あくまでも収入—経費=所得になると心がけてください。収入の帳面、経費の帳面と領収書などの管理を怠ることなく、一年間を漏れなくまとめることが、スムーズな確定申告の鍵になるのです。

確定申告の必要書類は事業だけではない!

フリーエンジニアの事業の書類は、収入や経費などをそろえていきながら、まとめていくことになりますが、それと同時に必要な書類がまだあるので確認していきます。

  • 社会保険料控除・・・国民健康保険料・国民年金保険料・介護保険料など
    (お子様の国民年金なども支払っている場合は控除になります。)
  • 保険料控除・・・生命保険・介護保険・地震保険など
    (長期損害保険10年以上のものは、控除対象です。)
  • 扶養控除・・・扶養親族
    (生計を一つにしている扶養親族)
  • 医療費控除・・・病院代などの領収書
    (所得の5%を超えた金額、もしくは10万円以上から医療費控除対象)
  • 寄付金控除・・・ふるさと納税など
    (ふるさと納税は申請書をすでに出していると確定申告不要の場合あるのでふるさと納税自治体へ確認のこと)
  • 住宅取得控除・・・住宅を建てるとき借入している人は初年度税務署へ申告すると受けられます。

以上に該当するものがあれば、合わせて準備が必要です。あなたの所得から控除できるものを漏れなく申告することが節税に繋がります。

企業勤めのときは会社の経理部門で年末調整をやってくれるので楽でしたが、フリーランスとなると帳簿とか結構めんどくさいのです。

フリーランスエンジニアで青色専従者がいる場合

青色専従者給与を支払う人がいる場合のフリーエンジニアの人は、年末に青色専従者給与の年末調整を行うことが事業者として義務付けられています。

12月までの給与と、その本人の必要書類(生命保険の控除証明書など)を提出してもらい、年末調整を行い、その源泉徴収票を青色専従者へ渡すことと、青色専従者の市区町村役場へ給与支払報告書を翌年の1月末までには提出が必要です。

青色専従者給与は事業の経費にできるのですが、その給与支払者として年末には年末調整を行うことを覚えておきましょう。

フリーランスエンジニアで支払調書をもらった場合

フリーランスエンジニアの外注などで仕事を受けた場合は、事業の収入へプラスすることを忘れずにお願いします。

また、支払調書より源泉徴収されている場合は、その金額が差引され税額も確定しますので、源泉徴収されている支払調書や、源泉徴収集票がある場合は漏れなく申告しましょう。

フリーランスエンジニアの消費税は?

フリーランスエンジニアで消費税課税事業者に該当するのは、1年の課税売上が1,000万円を超えた場合の2年後に消費税の納税義務が発生することを覚えておきましょう。

また、上半期で課税売上が1,000万を超えた場合は、その翌年には該当してきますので、消費税の課税売上高にも注意が必要です。

課税売上高が1,000万円を超えたときには、消費税も意識すると覚えてくださいね。

確定申告書類を自動化してミスをなくす

今までは簿記の知識が必要であったり、苦労して一人で時間をかけて申告書類を作っていましたが、今ではそんな苦労をしなくとも1日もあれば確定申告書類が作成できてしまうのです。しかも、自宅印刷で間違いもないです!

クラウド会計ソフト「freee」

freeeクラウド会計ソフトfreeeで経理の効率が50倍になるとおことです。フリーランス一人のプランであれば月額980円のスタンダードプランで十分です。年間にしますと10,000円になりますが、帳簿付けとかで時間をロスしてしまうのであれば、ミスなく、自動で計算してくれる、そして印刷対応まで・・・素晴らしいと思いませんか?そして何より、困ったときにはチャットで相談できるんです。勘定科目、投入方法など一通りのことはチャット相談可能です。

簡単にまとめますと

  • 経費・売上を自動計算で青色申告書類がさくっと作れる
  • 困ったときはチャット相談可能
  • 家事案分などの計算も設定可能
  • 銀行口座との連携も可能
  • 請求書システムMisoca(みそか)との連携も可能
  • スタンダードプランであれば月額980円〜

公式サイト:全自動のクラウド会計ソフト「freee」


企業が利益を残すためにやることといえば広告費の削減と節税なのです!!ですので、「freee」でも不安、売上金額が大きすぎる、もっと節税したいというのであれば税理士ドットコムのような税理士比較サイト系でしっかりした税理士を見つけるのも良いです。

まとめ・最後に

faccckoe確定申告をせず、税金を支払っていないといきなり税務調査員が登場し、多大な追徴課税を強いられる事もしばしば・・・やっていないつもりなのですが脱税と同じになってしまいますので、ご注意ください!

フリーランスエンジニアの確定申告は、申告納付期限までに、事業の書類をまとめ決算を行うことと同時に、控除関連(社会保険料)の関係書類も準備していくことが大切になります。ご自分で申告する場合は、国税庁のホームページよりe-taxで作成する方法がありますし、有料になりますが税理士へ依頼する方法もあります。ご自分に合う方法で確定申告の準備をすすめてください。

仮に年収1,000万円を超えるようであれば税理士を利用することをおすすめします。税理士は税金のプロです。顧問料としてスポットで数万円支払いますが、それ以上の見返りがあることも・・・税理士ドットコムで最適な税理士を選んで可能な限り節税してください。不動産プロジェクトの時税理士の力を知ったので、フリーランスエンジニアのみなさんも有効活用してください。

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。