フリーランスでも合同会社にするとメリットが大きいって本当?税金面からざっくり解明

合同会社

はるかです。

株式会社は個人で経営している人も多く、実は、会社にすると大きなメリットがあるのです。しかし、フリーランスでやっていけるのに、登記費用や法人税を支払ってまで会社登記はメリットがあるのでしょうか?また、新しい会社形態で合同会社というのがあるのですが、こちらもメリットはあるのでしょうか?

個人と法人(合同会社)の違いに注目しながら、これから起業を考えている方も必見『フリーランスでも合同会社にするとメリットが大きいって本当?税金面からざっくり解明』をご紹介しますので、ぜひご覧下さい。

自分の給与を経費にできる!

フリーランスの個人事業主と合同会社の大きな違いは、事業主自身の給与を経費にできることになりますが、それは個人事業主の場合は、事業主への給与は事業主勘定で処理され、経費にはできないからです。

合同会社を設立すると、例えひとりで社長(合同会社の場合は代表社員と呼びます。)になって、自分だけが従業員だとしても、給与を経費にできますので、事業所得は節税になります。ただし、自分の給与所得は発生しますので年末調整を行い、あるいは確定申告を給与の分は行う必要があります。

給与を経費に認められる合同会社は、税金面では節税対策になるため、売上の規模が大きくなってきたならば、合同会社への切り替えをおすすめします。

株式会社よりも設立費用が安い!

節税
フリーランスで会社設立を考えるとき、実は合同会社と株式会社があり、大きな違いは設立費用になるのですが、料金面だけをみると、合同会社が安く設立することができます。

  • 株式会社・・・資本金の1000分の7か15万円のいずれか大きい金額の収入印紙
  • 合同会社・・・資本金の1000分の7か6万円のいずれか大きい金額の収入印紙

会社を登記する場合に必要な収入印紙の最小金額でみると合同会社が有利であります。また電子定款を行う有資格者へ依頼することで定款の4万円の収入印紙代が不要になるメリットもあるのです。

個人より融資の面で有利!

フリーランスで個人と合同会社の大きなメリットのポイントに、資金調達における融資の審査にあり、個人よりも会社の場合が、融資を受ける信頼もあります。融資の受ける信頼というメリットは事業においても、納税という面でも、強い味方になるため、設立費用も考えても将来的にフリーランスの合同会社を検討する人も多いのです。

対面的に個人で仕事を行うより、会社の場合が信頼も得られやすいメリットもあります。
最初は個人のフリーランスとしてスタートしても、途中から切り替えることもできるので、合同会社の設立費用を蓄えながら、会社設立を目指すのもよいでしょう。

繰越欠損金(繰越できる赤字)が9年!

フリーランスで事業を行っていると、黒字ばかりではなく、赤字の事業年度も発生する場合があります。個人のフリーランスの場合は、青色申告の人に限り、3年間赤字を繰り越すことが出来ますので、もしも、赤字の次の年に黒字でも、その赤字を差し引いた分が所得という状況になります。

これが、合同会社の場合は、青色申告の承認を受けると赤字を9年間繰り越すことができますので、個人の場合よりも、かなり節税ができます。赤字を使いきれない場合は、そこで終了になるため、個人のフリーランスよりも、節税を考えると合同会社を検討するのもよいですね。

赤字を繰越しできる金額がわかると、その年の利益の状況からも税金の支払い予測も立てることが可能にもなりますので、合同会社は繰越欠損金(繰越できる赤字)が9年間はOKであると覚えておきましょう。繰越赤字が残っているうちは、法人税の節税に繋がっていることになります。

合同会社には株主総会は必要ない!

さらに合同会社は、フットワークの軽さもフリーランスには魅力的な一面で、株式会社では株主総会を開き、決議を行う必要のある事項も、合同会社ではその必要はなく、代表社員による決定も可能であるので、決算終了時の役員報酬の見直しなどもスムーズに行うことができます。

合同会社は、スピーディに変化する社会に、対応しやすい会社体系でもあり、フリーランスには非常におすすめできる一面があるのです。

個人と合同会社の経理処理!

個人でも合同会社でも、事業の必要経費は、経費になるのですが、どうしても個人のフリーランスの場合は、自家消費という、自分が消費したものを経費処理より除く作業があります。合同会社の場合は、会社名で領収書をもらうことで、事業経費ならば経費がOKなのですが、個人の場合は、電話代でもプライベートや仕事の分を分けて経費処理する手間が発生します。

合同会社にすることで、その会社名義は、会社使用の分ある意味はっきりと分かれますので、経理処理もわかりやすいのです。ただし、明らかに自家使用の分を会社名義でも経費にできない場合もあるので、ご注意くださいね。会計処理でこまった時は王道でいえば「やよいの青色申告オンライン」やフリーランス・個人事業主に人気のWebサービスであれば「全自動のクラウド会計ソフト freee」なんてモノもあります。

スタートアップ企業であれば全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」がめちゃくちゃおすすめです。

freee経理作業が50倍のスピードで完了します。経理に不得意な方でも簡単に使えて、フリーランスであれば確定申告の書類も手書き一切なしで作成可能です。

全自動のクラウド会計ソフト freeeを使いたい、知りたいというかたはこちらへどうぞ。

その他・まとめ

フリーランスでも合同会社にするメリットが大きいって本当?税金面からざっくり解明をご紹介しました。税金面では、会社名義で経費が明瞭になることや、繰越欠損金が9年間もあることなどがありましたが、会社設立費用などの面でも、合同会社は会社設立の一歩として踏み出しやすいことが言えます。

  • フリーランス・個人事業主でも合同会社を作ってしまう
  • 経理関連がめんどくさいが節税できる(webサービスの有効活用)
  • 仕事獲得は仲介会社を有効活用する
  • 税金でやはり困ったら最終的には税理士

を抑えておくとベターです。経理関連では起業サポートWebサービスも行っているfreeeが手軽に利用できます。ちなみに全自動のクラウド会計ソフトです。です。お仕事獲得に関しては、「フリーランスが登録すべき求人サイト一覧」から運営企業・媒体を選び相談する事をおすすめします。

最後に、個人とことなり、会社は設立時も仮に解散時も登記費用などが発生しますので、設立にあたっての資金面など計画を立てて、ぜひ合同会社のフリーランスをご検討ください。

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。