海外と日本のフリーランスの違いとは?求人案件を獲得しよう!

海外エンジニア

よしみです。

日本では徐々に多様性が出始めつつありますが、それでも「会社員」がまだ働き方の主流です。

幼い頃から、特に公立の教育施設では会社員マインドをはぐくむための教育がされるため、「フリーランス」というと「レベルが高い」「不安定」という印象が強いようです。

フリーランスという生き方をしてみたいというより、企業でサラリーマンとして人生を搾取されたくないというエンジニアが多いですが、フリーランスになる方法がわからないでいる。または「フリーランスとして人生を進みたい」と思っていても世間体を気にして断念する人も少なくはありません。

では、海外ではフリーランスはどのような事情を抱えているのでしょうか。
今回は、日本と「アメリカ」「イギリス」の3カ国のフリーランス事情を見ていきましょう。

海外と日本のフリーランス事情を違いを考察する

日本の場合

日本では、フリーランスは「場所と時間が比較的自由」「高収入のチャンスがある」という理由から近年人気が高まっています。実際、2015年にランサーズがマイクロミルを利用して行った調査では「労働人口の19%の人がフリーランス」という結果が出ました。しかし、まだまだ社会からのフリーランスへの視線は会社員に比べて厳しいものがあり、先ほどのように「親からの理解が得られない」ことや「結婚に踏み切れない」というのに悩みを持ったり、なろうとしても「レベルが高そう」という理由で断念したりすることがあります。

また社会的保障もまだ薄く、「厚生年金が受け取れない」ことなどで悩んだりすることも少なくはありません。(個人的には、厚生年金は若い人はむしろ入らない方が得だったりするんですけれどねえ…)

アメリカの場合

アメリカでは、「労働人口の34%の人がフリーランス」だということが2014年の調査によって明らかになっています。
しかしながら、アメリカの場合フリーランスは「仕方がなく」なった人の割合が高く、消極的フリーランスが多いのが実態です。

また年収も決して多いわけではなく、「500万円以上稼げている人は13%」だとも言われています。
ですから、アメリカでは「フリーランス」というと比較的ネガティブなイメージを持たれやすいのが現状です。

ただ、アメリカは日本よりも二極化が進んでいる国ですので、これがアッパー層へのアンケートだとまた変わってくるのかもしれません。

イギリスの場合

イギリスでは、フリーランスは技量の高さを認められているため、「重要なポジション」として社会から認知されています。
あちらでは「高い報酬をもらって質の高い仕事をする」のがフリーランスというのが常識になっているため、自然とフリーランス先進国になり、「普通に働いているあの人は、一定期間契約を結んでいるフリーランス」ということも少なくはないのです。

ただ、イギリス(というかヨーロッパ圏全体)では高いスキルが求められるため「40,50代しかできない働き方」というイメージが強く、若年層のフリーランスはイギリスで勤務しようとしても、そうはいかないのが現状です。

フリーランスになりたいを叶えるには

実際に、フリーランスになりたいというときはどうするのか。ですが、それはフリーランス特化型の求人サイトに登録して仕事を探す。が日本に雇用状況にマッチしています。案件を探すのにも営業をしなくてはいけないのですが、開発を行っている最中は手が離せないくらい忙しいはずです。

企業が開発をアウトソーシングするのと同じで、営業部分をアウトソーシングしてしまうのです。

しかしエンジニアが仕事獲得のアウトソーシングといってもお金がかかるわけではありません。

フリーランス特化型の求人サイトにいくつか登録すればその運営会社のアドバイザーがお仕事を紹介してくれます。転職アドバイザーのフリーランス版だと思っていただければイメージし易いかと思います。

開発エンジニア向け、データ分析、マーケティング、IT業界全般と求人サイトよっても特徴が異なります。複数サイトに登録して、条件を比較することをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか?

日本は先進国の中ではフリーランス後進国ですが、自由の国・アメリカでは意外にもフリーランスから脱したいという声が多く見られました。また、雇われ人の先進国は「スウェーデン」や「ドイツ」だとされていますが、こちらよりイギリスがフリーランス先進国というのも意外な結果だったかと思います。

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。