報酬トラブルは死活問題!フリーランスなら知って起きたいリスク管理とは

報酬

よしみです。

正社員とフリーランスの大きな違いは収入形態です。正社員であれば例として「月末締めの翌月25日に一定の給与があります」が、フリーランスは月末締めの翌月末払いでしかも仕事をした分のみの報酬です。(契約にもよると思います)その仕事がなくなってしまった場合は死活問題です。しっかりリスク管理をしておきましょう。

労働条件の確認は必須になる

条件フリーランスエンジニアで大切なのが、契約時の労働条件の確認です。特に企業に常駐する形態であれば残業や休日出勤に注意が必要で、成果報酬型の場合は報酬支払の区切りが重要になります。

ブラック企業に代表されるように、フリーランスエンジニアに対して過剰な労働を強制する場合や、必要以上のサービスを要求することはそれほど珍しくないのです。これは法律に関する知識の不足と、立場の誤認で起こるケースが多くなっています。

まず、法律に関する知識は、法務部が持っていても、現場の人間が持っているとは限らないのが基本です。中には法務部自体が存在せず、時代遅れの慣習で依頼を出している場合もあります。契約書に書いてある時点で労働基準法に違反することは珍しくなく、自分自身が法律に詳しくないと割に合わない仕事をしてしまう事があります。労働条件で不明点や違法性が疑われる点がある場合は早めに確認するのが大切です。納得できる回答が来なければ人材を軽視した企業である可能性が高まります。人材軽視の企業は報酬トラブルを招きがちなため注意が必要です。

立場の誤認は、依頼する側の方が優位であると認識することから生まれます。労働者を対等な立場で見ていないため、様々な付加条件を課すことが増えます。実際はフリーランスエンジニアは個人事業主であり、経営者の側面があります。条件が合わなければ働かないという選択肢もあり得るのです。しかし、収入などが安定せず、仕事を受けざるを得ない人材も多いことから、誤認が起こりやすいのも事実なのです。

成果報酬型の場合はマイルストーン払いに対応しているか

成果報酬型の仕事を引き受ける場合はどこで報酬が貰えるかが重要になります。簡単なチェックで終わるものもあれば、数日から数ヵ月関わるようなプロジェクト案件も存在します。問題はリテイクや仕様の変更があった場合です。手間が増えればそれだけ時間が掛かり、工賃が増えることになります。しかし、エンジニアに対する理解がない企業や個人からの依頼はその理屈がわからない場合もあるのです。フリーランスは自分も営業を兼ねるため、どのように説得し、納得するかも考える必要が出てくるのです。

リスクを減らす方法の一つが、マイルストーン報酬です。プロジェクトが一定程度の段階まで進んだ状態で報酬が支払われる形になります。完全に完成を待ってからでは生活が苦しくなるだけでなく、成果の持ち逃げリスクも生じる可能性があります。そのため、契約時に段階的な支払い目標を定めることでリスクを減らせるのです。仕様変更などがあった場合には工程を追加するなど、料金の請求もしやすいのが特徴です。
フリーランスへの発注に慣れた企業であれば、マイルストーン払いを最初に提示して人材を広く募集することも珍しくなくなっています。営業能力とクライアントの理解力によっても収益性が大きく変わるため、相手を選ぶことも大切なのです。

割のいい仕事は動かないと見つからない

エンジニア需要が高いと言っても、条件が良い仕事は有能な人間が優先的に抑えていきます。割のいい案件を探す能力も重要で、小まめに求人情報を確認することも大切なのです。エンジニアサイトに登録しプロフィールを充実させてスカウトを待つだけでなく、仕事やクライアントの質を見極める目を養うことも大切なのです。案件を比較していけばブラックな可能性が高い依頼や、エンジニアに対する評価の相場、トレンドなどを見つけていくことができます。

覚えておきたいのは、求人がいつまでもある依頼は条件が悪いことが多いということです。これは条件が良い仕事は応募者が殺到し、早めに締めきることが多いからです。技術水準などの要望が高すぎることによるマッチングの難しさよりも、相場を知らずに依頼している企業や、少しでも安く依頼しようと人件費を削っている依頼が多いのです。

クラウドソーシングなど、アウトソーシングが中心のサイトであれば単価の低い仕事は特に目立つ形になります。しかし、条件の良い仕事もタイミングが合えば見つかるため、完全に自宅勤務で生計を立てることに成功する人もいるのです。
高単価を提示する企業へ営業をかけることも含めて、割のいい仕事は自分から動かないと見つからないことを理解する必要があります。

最後に

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。