経理もアウトソーシングの時代!?フリーランスが税理士に依頼するメリット

アウトソーシング

よしみです。

クラウド会計システム「【freee(フリー)】」を多くのユーザーが利用しているかと思いますが、年の収入によっては税理士へ依頼した方がメリットがある場合があります。

メリットと税理士アウトソーシングをするポイントをご紹介します。

アウトソーシングなら費用を安くできる

フリーランスエンジニアで、頭を抱えがちなのが経理の問題です。個人事業主、フリーランスはしっかり確定申告をすることで税節税になりますし、逆に確定申告をしないと非常に損な人生を送ってしまいます。しかし、税控除を受けるためには帳簿をつける必要があるなど事務的な負担が増えてしまうのです。自分で作業をする方法もありますが、覚えるべきことが多いためどうしても時間がかかりがちです。税理士へアウトソーシングと専門の会計ソフトを導入する方法としてしまう方法があります。

おすすめなのが経理のアウトソーシングです。経理の外注を専門に引き受ける会社があるだけでなく、クラウドソーシングなどを通じて個人事業主に依頼することも可能です。エンジニアの給料を時間給換算するとかなりの金額になることが多く、経理をアウトソーシングして事業に専念した方が資金効率が良い場合が多いのです。

費用が全く無駄にならないのもポイントです。経理に投じたお金は、事業に対する経費として扱えます。収入から経費を差し引いた金額が課税の対象となるため、費用対効果が非常に高いのです。データをまとめて送るなどわずかな手間がかかるものの、税控除をうまく利用することで年間数万円から十万円単位の節税効果が見込める場合もあります。

フリーランスは働く時間が収入に直結するからこそ、積極的に利用するのがおすすめなのです。

税理士とのダブルチェックは必須に

経理をアウトソーシングする際に注意したいのが、チェック体制です。特に会計処理に疎い状態では、内容の精査が出来ず、数字があっているかどうかわからないことが出てきます。そのままの状態で確定申告を行えば、ミスがあった際に追徴課税などのリスクが生じます。そのため、事前に税理士にチェックしてもらうなど、確認をとることは非常に重要なのです。

税理士を雇うメリットの一つが、業務委託費用を経費として計上できることです。また、税理士に相談すれば、日頃利用している消耗品やパソコンなどが経費に計上できる場合や、節税に利用できることがわかることがあります。仕事に利用する通信機器の通信費や、電気代、家賃の一部が経費に計上できることもあるのです。プロだからこその技がありどれだけの範囲が適用できるかは実際に相談が必要になるものの、大幅な節税が見込める場合があります。

不備が見つかった場合は、業者に再度修正を依頼する方法や、再度別な業者に依頼する方法もあります。リテイクで余分な費用が発生することや、別なミスが見つかることもあるため、依頼の割に合うかは考える必要があります。しかし、修正の手間を考えても1から自分で行うよりも時間がかからないことが多くなります。

特に収入が増えるほど所得税の課税率が高まり、節税による効果が高くなるため、収入が増え始めたら税理士に相談するのは必須になるのです。

税理士選びでお困りであれば一括見積もり(相談)をする

とはいえどの税理士へお願いすればいいのかわからない。というものです。今は「一括系サイト」がある便利な世の中です。

税理士参考:税理士ドットコム

税理士側からしてみたらアイミツのサイトは困ったものですが、それだけ税理士の先生もお仕事獲得に困っているということです。税理士の登録数も2,100名以上登録あり、報酬相場などのコンテンツも揃っております。見積もりサイト的にお問い合わせしてみてください。税理士の相場を知ることができますし、どこまで節税ができるのかも知ることができると思います。

費用面だけで計れないメリットも

経理のアウトソーシングは時間を効率的に使うために非常に重要になってきます。特にフリーランスの場合は自分への投資が重要になるため、積極的に時間や余裕を作らないと仕事が続けられなくなる恐れが高まります。これは付加価値が高い仕事の需要が高くなり、単純な仕事はアウトソーシングが進んでいるからです。アウトソーシングでこなせる案件は単価が低く、それだけで暮らしていくには厳しい側面があります。アウトソーシングで割が合う仕事があったとしても、スキルや実績がないと応募すらできない場合が多いのです。

エンジニア需要は強いと言っても、フリーランスはいつ仕事がなくなるかわからない立場です。一人で動いているためリスク分散が低いのです。そのためフリーランス専門の求人案件紹介企業があるわけですが・・・

厳しい条件下でも仕事を続けるにはスキルアップなどの自己投資が必須になるのです。余裕が生まれれば仕事の効率が良くなるなど、好循環に恵まれる可能性が高くなります。逆に、経済的に行き詰るとアイディアが浮かばず、チャレンジも出来なくなりがちです。技術の流行り廃りが激しい業界だからこそ、リスクをコントロールする必要がります。

収入を増やすためにも、優先度が低い事はコストを支払っても他人に任せた方が良く、工夫を続けることがフリーで生きるポイントになるのです。

最後に

スポットで税理士を利用すると60,000円だとします。クラウド会計システム「【freee(フリー)】」で月額980円を1年間利用した際は12,000円程度+登録作業やチェック、節税できるポイントの試行錯誤などの時間です。税理士へ依頼するのは「時間を買う」と考えていただくのが良いです。確かに「【freee(フリー)】」での入力作業は簡単ではありますが、使い勝手の部分や簿記の項目などを理解する必要がありますのでそれなりに時間はかかります。

売上が1,000万円を超えるのであれば税理士に頼もうと都市伝説もありますが、その都市伝説に惑わされず、費用対効果で考えて、

  • 税理士を利用し、より多くの仕事を獲得するのか
  • クラウド会計システムを利用し、税理士依頼費も削減するのか

を見定めてください。

税理士ドットコム

税理士

【freee(フリー)】

freee

週3日〜月収50万円可能!最高単価160万円も可能!?

ITエンジニアの転職支援も行っているのでITエンジニア案件数が非常に多いです!PHP、java、C#、Rubyなど様々な開発言語対応の求人案件多数保有。キャリア相談、確定申告など、トータル相談可能です。
レバテック

週5日でもフリーランススタイルで働く!

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑ ITエンジニア・Webデザイナーに強い!フリーランス専門のエージェント「ギークスジョブ」チャットでも気軽に相談可能です。 このエージェント経由での仕事受託しますとワーキングスペースの無料貸し出しがあります。
ギークスジョブ

フリーランスを考えている人はチェック

社畜は良くないですよね。何か目標を持っていて働いているのであればそれはそれでいいですが。正社員でなくとも時間を自由に使い、結構収入を確保する働き方もあるので、ご紹介いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

右も左もわからず突入したWeb業界に携わりはや10年たちました。Web制作全般、今ではWebマーケティング専門で活動しております。インターネット系のNPO法人の理事も勤めており地方活性化のため活動をしております。ちなみに、都内の人材紹介会社在籍経験ありですので、求人市場もなんとなくわかるわけです。